とちコミを通じた、これまでの寄付総額

0
2021年時点
ご寄付・参加者募集中!

栃木の助け合いはフードバンクから。県内7つのフードバンクを応援するチャリティウォークの参加者と寄付を募集中。あなたの住む地域の身近にも、フードバンクがあるかも?みんなで応援して、セーフティーネットを作りましょう。

0
現在あつまっている金額

とちぎコミュニティ基金と(財)とちぎYMCAでは、ウクライナ難民支援の募金活動を行います。寄付は日本YMCA同盟を通じて、ウクライナYMCA、ポーランドYMCAに送り、難民の救援活動に使われます。

0
現在あつまっている金額

遺言書をつくり、遺産を特定の人に贈ったり寄付したりすることを「遺贈」といいます。「人生最後の自己実現」、「お世話になったひと、まちへの恩返し」、「未来へつなぐ贈り物」など、遺贈は静かな拡がりを見せています。ご本人ではなく、ご遺族のご希望により相続財産からご寄付をされる場合も、ご相談をお受けしております。

子どもSUNSUNプロジェクトでは子どもの貧困をなくすためのあらゆるアクションをしています。子どもの7人に1人が相対的貧困だといわれています。調査、円卓会議や、こども食堂立上げ等のアクションを通じ、子どもの貧困をなくすことを目指しています。

1日サンタになってみんなで街をきれいにし、寄付を集め、困窮している子どもたちを助けよう!イベント参加者&寄付者募集中!

0
目標金額
達成率 5%
募集中の助成金プログラム

花王㈱の社員有志による社会貢献寄付組織「花王ハートポケット倶楽部」では、より良い社会をめざし、社会課題の解決に取り組むNPO・NGO・市民団体へ寄付をしています。花王の事業場のある栃木県でより良い地域づくりに取り組む団体を応援するため、2007年から「地域助成(栃木地区)」を開始し、これまでのべ78団体へ寄付しています。今年も、活動分野を問わず栃木県全域で「心温まる活動」「地域で必要とされる活動」をされているNPOや市民活動団体を助成します。

【とちぎゆめ基金】みんなで作る持続可能な地域づくり・SDGs助成

持続可能な地域社会を作るために、複数の主体が参加して協働する地域課題解決の調査や実施に対して助成を行います。(1年目は調査助成のみ)

 国連が決めた「持続可能な社会づくりのための17のゴール(SDGs)」達成は、2030年。複数の目標を地域のみんなで取り組む協働事業の設計(調査)と実施(継続するための仕掛けづくり)のスタートを支援します。みんなで10年取り組めば、地域の課題が解決していく。みなさんの取り組みが他地域への波及し、持続可能な社会へ変わるきっかけとなることを期待しています。

長期的な経済的不況とコロナ禍が進む中で貧困問題が増え続けています。その影響を最も受けるのは、子どもたちやシングルマザーなど社会的弱者です。その中でも特に増加していると言われる「貧困や孤立状態にいる子どもたち」を救うために、とちぎコミュニティ基金を中心に栃木県内の様々な団体や企業・個人が集まってスタートしたのが「子どもSUNSUNプロジェクト」です。

当プロジェクトの活動のひとつとして、イベント開催などを中心に寄付をあつめ、支援の体制づくりや支援活動を行う団体などを募集し助成しています。

活動ブログ
とちコミについて
地域の課題をみんなで解決する 「市民の基金&プロジェクト実行チーム」

「とちコミ」は、地域の課題をみんなで解決する「市民の基金&プロジェクト実行チーム」です。

みんなで問題を知り、資源(志金・人)を集め、プロジェクトを実行します。県内のNPOや支援団体・ボランティアが共同で運営しています。