とちぎゆめ基金

特定非営利活動法人とちぎ障害者労働自立センターゆめ(高根沢)では、ダイドードリンコ株式会社と業務提携して、ジュースの自動販売機の缶の詰めかえ作業を障害者団体に委託することで賃金を発生させる障害者の仕事づくりを行っています。

 

とちぎゆめ基金の原資はこの自動販売機の売上の中から1本につき2円を「障害者労働機会づくり支援基金」として1999年から拠出していますが、そのうちのとちぎボランティアネットワークへの拠出分がこの「とちぎゆめ基金」の原資となっています。

 

とちぎゆめ基金は“障害者自身が他の障害者を支援する”試みです。この助け合いの輪が栃木県内に広がることを願っています。

募集要項

2022とちぎゆめ基金「みんなで作る持続可能な地域づくり・SDGs助成」

この助成は、持続可能な地域社会を作るために、複数の主体が参加して協働する地域課題解決の調査や実施に対して助成を行います。(1年目は調査助成のみ)

 国連が決めた「持続可能な社会づくりのための17のゴール(SDGs)」達成は、2030年。複数の目標を地域のみんなで取り組む協働事業の設計(調査)と実施(継続するための仕掛けづくり)のスタートを支援します。みんなで10年取り組めば、地域の課題が解決していく。みなさんの取り組みが他地域への波及し、持続可能な社会へ変わるきっかけとなることを期待しています。

 

◎対象となる事業・条件◎

・3~5団体以上の協働での応募であること。

・持続可能な地域社会づくりの企てで、調査、人材育成、「継続する仕組み作り」に取組む内容であること。

 

◎助成期間◎

2023年4月1日~2024年3月31日

 

◎助成金額・件数◎

助成総額50万円

(1)調査助成:1事業10万円~15万円×2団体程度

(2)継続するための仕掛けづくり助成(2年目以降):10万円~20万円×2団体程度

 

◎応募締切◎

2022年12月25日(水)

 

 ◎申し込み方法◎

以下の要項の内容をよくお読みいただき、応募申請書に必要事項を記入の上、郵送かメールでお送りください。

※要項の2ページ目以降が申請書となっております

2022とちぎゆめ基金・SDGs助成募集要項

助成実績・活動報告

2020年度

 ・とちぎゆめ基金「持続可能な地域づくり・SDGs助成」

1.「子どもの貧困」と「外国籍の子どもの実態」との関連調査 15万円

子どもSUNSUNプロジェクト ほか

 

2.「地域みんなで貧困を解決する仕組みを考える」調査 15万円

家庭教育オピニオンリーダーたんぽぽの会 ほか

 

3.「県南地区・多胎児家庭も利用しやすい育児支援調査&円卓会議」 15万円

そらいろコアラ ほか

2014年度

  • 大きなゆめ助成 1団体  

・認定NPO法人チャイルドラインとちぎ 30万円

  • 小さなゆめ助成 2団体 

・NPO法人うみがめ 5万円

・NPO法人とちぎユースワークカレッジ 5万円

チャイルドライン ゆめ助成2014報告書.pdf

とちぎユースワークカレッジ ゆめ助成2014報告書.pdf

2013年度

  • 大きなゆめ助成 2団体  

・チャレンジド・コミュニティ(30万円)

・サバイバルネット・ライフ(30万円)

  • 小さなゆめ助成 2団体 

・とちぎユースワークカレッジ(5万円)

・とちぎ青少年自立援助センター(5万円)

 

サバイバルネット・ライフ ゆめ助成2013報告書.pdf

とちぎユースワークカレッジ ゆめ助成2013報告書.pdf

とちぎ青少年自立援助センター ゆめ助成2013報告書.pdf

2009年度

  • 大きなゆめ助成 2団体  

・NPO法人だいじょうぶ (30万円)

・精神障害者と共に生きる 海がめ会 (30万円)

  • 小さなゆめ助成 2団体 

・NPO法人はばたき (5万円)

・NPO法人栃木DARC (5万円)

NPO法人だいじょうぶ ゆめ助成2009報告書.pdf

NPO法人はばたき ゆめ助成2009報告書.pdf

2008年度

  • 大きなゆめ助成 2団体  

・NPO法人もうひとつの美術館 (30万円)

・あるべき支援を考える会 (30万円)

  • 小さなゆめ助成 2団体 

・NPO法人はばたき (5万円)

・NPO法人栃木DARC (5万円)

もうひとつの美術館 ゆめ助成2008報告書.pdf

はばたき ゆめ助成2008報告書.pdf