活動ブログ

「食」を中心に1人ひとりによりそう~サンタdeクリーン寄付先団体紹介④フードバンクうつのみや

サンタになって子どもの貧困をなくそう。子どもの貧困撃退♡チャリティ「サンタdeクリーン&ウォーク」2021の寄付先団体を紹介します。

No.4  フードバンクうつのみや

フードバンクうつのみやの伊東由晃さん、曽根裕弥さんに「子どもの貧困特別授業」をしていただきました!生徒はぱっくんとやっさんです。

❅団体紹介❅

フードバンクとは、「まだ食べられるのにも関わらず、廃棄されてしまう食べ物を無償で寄贈していただき、それを食べ物に困っている方に無償で提供する」という活動です。フードバンクうつのみやは宇都宮市を拠点とし、「きずなセット」という食品パッケージの提供や、食品配布会も行っています。

食品をただ渡すだけではなく、生活の状況や困りごとを聴き、必要な支援につなげていく「総合相談支援」を目指し活動しています。

❆活動を通して見えてくる『子どもの貧困』の今❆

食べ物を満足に食べられない家庭が非常に増えています。そういった家庭の子どもと、社会とのつながりを継続するための「関係性の貧困」が大きな問題です。

子ども食堂など、体験を提供する団体、そして食品の面で支援を行うフードバンク、どちらの活動も重要で、連携することで、支援のカタチを広げることができます。子どもの貧困に対して、いろんな団体が連携して立ち向かうことが必要です。

 

❆サンタdeランを経て目指すみらいのカタチ❆

異なるビジョンを持つ支援団体同士がこのイベントを通じて、共通の課題意識を持ち、つながりや仲間を広げることができます。一つの団体だけでは太刀打ちできない問題や、救いきれない人達もいます。いろんな団体が知識やノウハウを出し合い、そういった方々を助けることができる未来を目指しています。

 

❆いただいたご寄付により実現していく明日の姿❆

フードバンクの活動は無償である為、皆さんからのご支援がないと活動ができません。そしてフードバンクが活動を継続することで、困っている人に食品を届けることができます。いただいたご寄付は、困っている人を「食」で支援するために使用します。

❆メッセージ❆

食の面から、1人でも多くの人が立ち上がり、自分の生活を営んでいくことをサポートし続ける、それがフードバンクのあり方です。

普段あなたが何気なく捨ててしまうものにも、意外な活用方法があるかもしれません。身近なものが、もしかしたら誰かの助けになるかもしれない、そんな「もしかしたら」を是非探してみてください。

「食」を通じて困っている人を支援するフードバンク。ただ食料を提供するだけではなく、本人の話をよく聴いたり、いろんな団体と連携することで、「一人一人に寄り添う支援」を実現しています。皆さんもまずは、身近な「もしかしたら」を探す所から、支援の輪に加わってみませんか。(さとうゆう)

この記事をシェアしてみんなに広めよう!

Share on facebook
Share on twitter